思わぬ発見に感動した曲

在宅勤務では好きな音楽をかけながら仕事をしています。花塚です。

通勤中に音楽を聞くことが好きで、ひたすら新譜をリピートしたり、その日の気分に合わせて選択したりということが楽しみでした。
最近は在宅勤務で通勤することがなくなったので、仕事中に好きな音楽をかけていると気分も上向きになるなと感じます。

先日いつもと同じように音楽をかけていたときに、ふと、ベースのスラップ奏法がものすごく好きだなと気づきました。

スラップ奏法というのは、弦を指で引っ張ったり、叩いたりする奏法のひとつです。
こうすることで、音色に加えて打楽器のような音が混ざり、効果音でいうと「ボヨンッ」とはじけるような音がします。
音楽に詳しくないので、気になった方はYouTubeなどで調べてみてください(笑)

スラップ奏法が目立つ曲はほかにないかと探していたところ、「ヒゲのテーマ」が思い浮かびました。この曲はひげダンスのテーマ曲です。髭男の曲ではないです。
特徴的なサウンドのなかにでてくるベース音がかっこよくてつい聞き入ってしまいます。

「ヒゲのテーマ」は、テディ・ペンダーグラスの「Do Me」がもとになっているそうで、この2曲は最近とてもリピートしています。
ちなみに、先日亡くなった志村けんさんの推薦により、「Do Me」をアレンジして番組で使用することになったそうです。ブラックミュージックを愛していた志村さんだからこその選曲だったのだと知り、感動しました。

何かを調べていると、求めている情報に加えて思いもよらぬ情報や知識に出会うことがあるので、調べる習慣はなくさないでいきたいですね。
音楽についてもっと調べて、知りたいなぁと思いました。

私のように、音楽に詳しくなりたいと思ったら、この本はいかがでしょうか。

『天才たちのつくった音楽の世界』(辰巳出版)

音楽の授業でならったことのある、偉大な作曲家に焦点をあてて、作曲家たちの苦悩や武勇伝などを紹介しています。普段聞いている音楽とは異なる角度から音楽の世界に触れられる1冊です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL