外出自粛で憂うつな人におすすめの一冊

こんにちは、
先日「宣言通りリモートワークに切り替えた」などと書いたものの、今週は諸々と用事があり、結局週5で出社した出口です。

ついに緊急事態宣言が出されましたね。
とはいえ、海外のものとは性質が違い、ロックダウンにもならず外出の禁止もされずと、私の生活には大きな変化は生まれませんでした。
仕事が休みの日はもちろん外出を自粛していますが、平日仕事があると家の外に出なければならない日もあり……。SNS等でちらほら見かける「いま外出している人はエゴイストだ」というような、外出している人を批判する文章に心を痛める日々です。

今朝、(空席が目立つ)電車の中でツイッターを開いたら、脳科学者の中野信子さんの記事が目に入りました。
https://www.mylohas.net/2020/04/209713nobuko_nakano01.html

この記事によると、「自分は絶対に正しい」、「他人の言動が許せない」という感情が引き起こす、激しいバッシングやハラスメントが今後さらに増える可能性があるとのこと。

新型コロナウイルスの蔓延と同時に、世界恐慌というべき側面に差し掛かっている現在の危機的な状況が、「相手の過失に強い怒りを感じ、激しい言葉で相手をバッシングしたくなる」という、一種の依存症状を引き起こし、世間の風潮と異なる行動をしている人をたたきたくなってしまうのだとか。

SNS等で見かける批判文章も、そのような依存症状が原因で投稿されているのかもしれません……。

自分もウイルスに感染してしまうかもしれないし、もしかしたら自分はすでにウイルスを保有していて他の人にうつしてしまうかもしれない――。そう考えると、非常にナーバスになりますが、そんなときはいっそのこと現実逃避をしてもよいのかなと、ふと思いました。

弊社で編集制作を担当した、齋藤孝先生監修『子どもの頭と心を育てる100のおはなし』(宝島社)は、現実逃避にもぴったり(?)な一冊です。
https://tkj.jp/book/?cd=TD003430&path=&s1=

家にいて出かけられない、そんな状況からつかの間物語の世界に出かけるのもよいのではないでしょうか。
物語を読む以外にも、9名のイラストレーターさんにご協力いただいた挿絵がすばらしい作品となっているので、ペラペラと絵だけ見ていただいても気が晴れてよいのかなと思います。

しばらく外出自粛は続きそうなので、家の中でリフレッシュをする方法をいくつか見つけておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA