台湾版『新型コロナウイルス完全対策BOOK』

佐藤です。こんにちは。

本日、台湾で4月に発刊された
『全世界最好懂 新型冠状病毒完全應對手冊』(金名圖書)の
見本誌が届きました。

これは当社で編集し、3月に日本で発刊された
『世界一わかりやすい 新型コロナウイルス完全対策BOOK』(宝島社)を
台湾華語に翻訳したものです。

「コロナウイルス」は台湾だと「冠状病毒」というのですね。
コロナはギリシャ語で冠の意味なので、
やはり漢字のほうが文字からイメージしやすいです。

また、あらためて「世界一わかりやすい」を
台湾華語で「全世界最好懂」と書かれると、
なんだかむずがゆい気持ちにもなりますが、
そういった文字によるニュアンスの違いもおもしろいなと思いました。

図やイラストはほとんどそのまま使われていましたが、
連絡先などは台湾版に差し替えられていました。
誌面作成にあたり、連絡先の掲載はなかなか苦労した部分なので、
発症時の対応なども日本向けに作られているなか、
連絡先や病院をまとめる作業は大変だったと思います。
お疲れ様でした。

時間があるときに、日本語がどう翻訳されているか比べてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

会える日まで元気でいて