マイナスイオンに浄化された1日

こんにちは、出口です。
徳島でリモートワークをするようになってから、
今日でちょうど1カ月が経ちました。

相変わらず家に篭り切りですが、先日
高知県でリモートワークをしている先輩に会いに行ってきました
(そう、弊社には四国でリモートワークをしている社員が2人いるのです)。

はじめての高知! 高知城やひろめ市場、仁淀川に連れて行ってもらいました。
見てください! この青さ!

これが仁淀ブルーと呼ばれる、仁淀川独特の青色。
2010年には国の水質調査ランキングで1位に選ばれるほど、綺麗な水だそうです。

あまりの美しさと静謐さに、30分ほどぼーっと立ち尽くしてしましました。
平日は家にいる時間が長いので、ここぞとばかりにマイナスイオンも浴びてきました。
すっかり浄化された気分です。

そして、高知と言えばカツオ!
先輩に「カツオは絶対食べたい」とリクエストしていたので
連れて行ってくれました。

はじめて塩とニンニクで食べたのですが、これがとってもおいしくて・・・。
やみつきになる味でした。はあ、思い出しただけでよだれが・・・。

はじめて訪れる高知で、はじめての体験をたくさんできた1日に、
とっても満足しました。

歳を重ねると「はじめて」の機会が少なくなるな、と思っていましたが
少し外に足を運んでみると新たな景色が広がっているものですね。

ZIELでは、歳を重ねた人生の先輩にお話を伺うことが多いのですが
いろんな方に「出口さんはもっと外に出たほうがいい」とアドバイスをいただきます。

久しぶりに外に出て、人に会った休日はあっという間に過ぎました。
今の私には「外出」が足りていなかったのですね。
時間の大切さも、外に出ることの大切さも感じた1日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

今、バスケが熱い!