パク・セロイと投資家ようこりんの共通点

最近ネットフリックスのドラマにハマって寝不足な花塚です。

自粛以前に家から出ることが好きではないので、
家での楽しみ方を見つけるのがうまいタイプだと思っています。

といっても、これまではもっぱらYouTube漬けの毎日だったのですが、
最近、ネットフリックスのドラマを見るようになりました。

ずいぶんと前からネットやSNSでも話題になっていましたが、
ネットフリックスオリジナル作品の
『梨泰院クラス』にものすごくハマってしましました。

『梨泰院クラス』は韓国ドラマで、
物語を一言でいうと主人公であるパク・セロイの復讐劇です。

ドラマのなかには恋愛の要素も入っているのですが、
これも物語とっては欠かせない要素になっています。
恋愛面でももちろんそうですが、キャラクターそれぞれの
心理描写が細かくて、片時も目を離せなかったです。

困ったときや、気持ちの変化が表れるときに
自分の頭をなでるパク・セロイがかわいいので、必見です。

先日全話を見終えたのですが、ドラマに出てくる
スンドゥブチゲが食べたくて食べたくて……。

街を歩いているときに見かけた韓国料理屋さんに1人で入っては、
真夏にスンドゥブチゲ定食を食べてしまいました。
正直、外も暑いし、スンドゥブチゲも熱くて、ドラマのように
沁みる~!!!とまではならなかったのですが(笑)。
とてもおいしかったです。

そして今日は、主婦であり投資家のようこりんにお話を聞いていました。
投資先の会社について、ようこりんは「会社は人なの」と。
「会社の指標がボロボロでも、社長や社員がいい人なら必ず会社は成長していくんだよね」
とおっしゃっていました。

一生懸命に働くということはよいことですもんね。
きっと、そういう人が働いている会社は自然と成長していくんだろうと思いましたし、
私も一生懸命働かなければいけませんね。
いや、まって、どこかで聞いたことがある。と思ったら、パク・セロイでした。

『梨泰院クラス』のなかでとても好きなセリフが、
パク・セロイの「会社は人と信頼である」という言葉です。

物語のなかで彼はタンバムという小さな飲食店を立ち上げ、
大人気店からフランチャイズ化、韓国トップ、そして世界――。
大きな目標を自分の信念としてもっているのですが、
小さな飲食店の店長時代からいっていたのが、上記の言葉でした。

会社がうまくいかないときも、「仲間」がいるから乗り越えられるのであり、
前へ進んだときも「仲間」がいたからだと。
彼は心から「仲間」を信頼していましたし、
そんな彼のもとに集まった「仲間」もまた彼を「信頼」していました。

もし、タンバムが現実世界にあったら、
ようこりんもきっと、投資をして大儲けをするのではないでしょうか……?(笑)

私も、誰かの気持ちを動かせるような
人間になりたいなぁと思った、お盆でした。

ものすごくいい感じに締まったぜ!
と思ったのですが、せっかくですので、
ようこりんに監修していただいた本を紹介させてください。

スタンダーズの『株の稼ぎ技225』は、ようこりんをはじめとして
成功している投資家の方々のテクニックがたくさん盛り込まれています。

初心者も、ある程度投資をやっている方も、
「なるほどな~!」と思うテクニックがきっとあると思います。

Amazonでも買えますので、ぜひ読んでみてくださいね。

あ、もちろん『梨泰院クラス』もオススメです~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA