トイレチェックも編集者の仕事です

緊急事態宣言が解除され、先週末は
地元に帰省した出口です。

久しぶりに4両(!)の電車に乗ったら、
電車の発車メロディーがX JAPANのForever Loveに
なっていて、ちょっぴり感動しました……!

私が高校生だったときに、17:00に鳴る町のチャイムで
Forever Loveが流れるようになったので、Forever Loveは
青春時代の記憶と結びついた曲なのです。

電車に乗るたびにエモい気持ちになるのは御免ですが、
たまに帰省したときに聞く分には哀愁があってよいですね(笑)

電車といえば、上司が電車好きというのもあって
当社ではいくつか電車の本も制作しています。

私がはじめて電車の本の制作にかかわったのは
『駅格差』(SBクリエイティブ)です。

本書の中に「駅トイレ利便性が高い駅」という章があるのですが、
利便性が高い駅をランク付けするために、実際に
各駅のトイレを調査しました。

トイレの数やベビーベッドの数、清潔度、混雑度など、
6つほど基準を設けて、チェックしていくんです。
トイレの利用者からは、かなり不審な目で見られましたが
当時大学生でアルバイトとして働いていた私は
任務を遂行するために、他人の目を気にせずに
黙々とトイレチェックを行っていました。健気ですね(笑)

いろいろなジャンルの本を制作していることもあって、
友人には「あなたは何の仕事をしているの?」
と問われることが多いのですが、トイレチェックは
自分でも「あれ、何をしているんだろう?」と
思う作業でした(もちろん意味がある作業だから
仕事として成立しいているわけですが)。

私のトイレチェックの成果がどのように本にあらわれているのか、
ぜひ『駅格差』の誌面で確認してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA