コロナ渦でも通用する株のテクニックを紹介!

こんにちは、出口です。

本日、花塚と私が編集を担当した
『株の稼ぎ技225』(スタンダーズ)が発売されました!
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4866364327?pf_rd_r=6CQVCTAARJGCWVSGQCMV&pf_rd_p=7392bae8-7129-4d1a-96a9-1cfe0aa13ab3

株式投資に関する識者や投資家の知識・経験則から生み出された
投資手法や考え方をテクニックとして掲載した本です。

本書は4度目の改訂となるのですが、今回新たに、
個人投資家のV_VROOMさんと、FPであり投資もされている伊藤亮太さん
から、コロナ渦でも通用するテクニックを伺いました!

私はV_VROOMさんへの取材を担当したのですが、取材時に聞いた
彼の「自分で考えることがリスクヘッジにつながる」という一言が
脳裏に焼き付いています。

暴落時は混乱してしまうのは当然かとも思いますが、そんなときでも
冷静に、そして俯瞰的に相場を見て戦略を考えることが重要だとか。

本書はテクニック集になっていますが、読者の方にはそのテクニックをただ真似するだけでなく
自分の戦略にどのように取り込むのかまで考えるなどして
活用してほしいなと思っています。

V_VROOMさんに取材したのが、3月28日、東京都ではじめて
外出自粛が呼びかけられた日でした。
それから約2カ月たち、緊急事態宣言が全国で解除されましたね。

とはいっても、新型コロナウイルスが消滅したわけではないので
引き続き油断せず、気を引き締めて生活したい所存です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL